名前

お店に行く=コミュニケーションを取りにいく(学校で黙ってるので)、あと名前を呼ばれにいく(なんつー寂しいやつだ)

というのがあったので、カウンセリングでもバイトをどれくらい削るかってのはよく焦点になっていて、まあ結局私が調子悪い時期に勢いでほぼ全部削ってしまって(衝動性がねえ…)今に至るって感じなのだけどw

フルートのレッスンを始めたこと、ゼミが始まったこと、私を時々連れ出してくれる人がいること、んで時々カウンセリングを受けてること…ってのがいい感じで作用していて、店にいかなくても問題なくなったというのはあるかもしれないなあ、まあ実際店にいってきちんと働くことも出来なさそうなので、ほいほい店にいくわけにもいかぬのですが。時々で十分。アホみたいに働いていた時の貯蓄でしばらくやれるだろうし。

 

最近名前を呼ばれる機会ってのが増えたなあという実感。健全な感じがしていいね、この調子でいろいろと良くなると良いのですが。

広告を非表示にする